昨年息子を出産したと同時に仕事を辞め、現在は育児のために専業主婦をしています。

私のところは、夫が家計の管理をしているので、基本的に冠婚葬祭ですとか旅行とか大きな額が発生する場合には、すべて夫の財布からお金がでていきます。

私は毎月決まった額を食費としてもらい(お小遣い代も含まれています)、それでやりくりをしている状態です。

今のところ、まだ子供も小さいですし、子育て中というのは大抵女子力が低下するといわれていますが、私もそれに然り、美容とか洋服に興味が向かなくなってしまったので、ほとんど急な出費で困ったことはありません。

ですがファッション関係に疎くなった代わりに、今は料理を彩るお皿ですとか、ソファとかテーブルなど、自分の身近にあるものに興味をもってしまったのです。

自分でもどうしてこんなものを好きになってしまったのかと悩みますが、陶器とか家具となると、しかもブランドものになれば、やはりそれなりの高価な額になってきます。自分の趣味なので夫にもおねだりはできません。

しかし、諦めてはいません。そう。主婦は持っているのです。隠しもっているのです。「へそくり」を。
毎月家計をやりくりして、少しでも食費を節約してお小遣いとして毎月1万は確実に、余裕のあるときは2,3万貯金しています。

食費節約の際は、毎日焼肉でもからあげでもかまわない、肉好きの夫を利用して、お肉が食べたいとねだられたときには、お肉はお金がかかるのよねと別途「肉代」なるものを要求したりしています。(笑)

さらに裏技として、GWやお盆、お正月休みで実家や夫の両親の所へ出向いた際にいただける孫へのお小遣い。これを毎日の育児代と称して、少しばかり頂戴するのです。

…夫にはバレていないと思います。
こうしてコツコツと貯めたお金で、どうしてもほしいと思った自分の趣味には、後悔しないよう惜しみなくドンと使います。

毎月の地道な貯金を継続すること、これが私のお金に困ったときの、困らないようにするための対策です。地味でも何のひねりもなくても堅実に生きるのが一番です。

ちなみに、今までで一度だけ、お金が足らずにカードローンを利用したことがあります。旦那はもちろん知りませんが。。。
銀行のカードローンであれば、専業主婦の私でも利する事が出来るのでとても便利です(*^。^*)

主婦でも借りられる金融

でも、もしばれた時のリスクが高いので、本当に困った時しか使えないですけどね。。。

Leave a Reply